社会人大学院生kenocoの挑戦

グルメ、雑学、口コミ、レビューを行なうライフハックブログ

MacBook Air2014 11インチの画面がチラついた件

MacBook Air11の画面が波打ってるような

ある日、グレー系の背景にしてる時にMacBook Air11インチ2014の画面がチラついてる事に気付きました。

修理対象になるように頑張ったので、ちょっとしたコツを最後に書いて備忘録的な雑記にしちゃいます

突然、画面にチラつきはやってきた

嘘だろ、、、。MacBook Airはメインパソコンなのに!そして、まだ可愛い可愛いMacBook Airさんは整備品を買ったのでうちにきて半年ちょっとなのに。

何故か2013lateのMacBook ProとMacBookmini2012lateも持ってはいるが、一番ストレージが小さく画面も小さいMacBook Airが私のメインパソコンなのだ。

開発環境は全て君(MacBook Air)に

PythonやrubyやFTPのソフトなど全てMacBook Airに入っている。動画や画像は128gbのUSBメモリに入れる事でぜんぜんMacBook Air一つで事足りてたのだ。

とはいえ、画面が薄っすら波打ちしてるのは気持ち悪い。嫁にも見てもらうが、しばらく気付かない。よーーく見てもらうと、確かに波打ちしてるのが分かるという程度らしい。

グレー 壁紙でgoogleの画像検索で特に波打ちが分かるものを選んで、わかりやすくしてみた。そしてすぐにアップルストアを予約した。

注意したい家庭で起きるディスプレイのノイズ原因

ご注意願いたいのは、電源に繋いでいる場合、以下のような場合は画面にノイズが出たりする。

●掃除機、洗濯機を同じ系統の電源で使っている ●インバーターなど発電機から電源を取っている ●近くにモーターなどがある。

まずはコンセントから抜いてバッテリー駆動をさせて画面を確認しよう。

画面の波打ちは修理対象になるのか

アップルストアにつくと、LANにつながれて診断モードに。いつきてもアップルストアのイケてる兄ちゃんの店員さんは苦手だ。

しかも、私のMacBook Airちゃんの波打ちをみて、「あー、、、微妙な波打ちですねー。診断に引っかかるかな」という。

暫くすると、イケてる店員さんがハードウェア障害担当が参りますのでお待ちくださいといって立ち去った。

ハードウェア担当はイケてるお姉さんだった

てっきり、理系寄りのばりばりのエンジニア風の人が来る事を期待していたが、とても可愛らしいお姉さんだった。

はやり女性は丁寧で清潔で良いな!と少しテンションがあがったけど、イケてる兄ちゃんも可愛いお姉さんも話すのは苦手なので居心地は悪かった(⁰▿⁰)

テキパキと作業をこなすお姉さん。

ぼーっとしてたら、急に話しかけてきてパスワードを教えてくれという。 分からないので焦る。 嫁の名前だっけ。それともペットの名前だっけ。

あせって可愛い名前を乱れ打ちするも入れず。

あ、そうだ前に飼ってた犬の名前だ。

お姉さん苦笑い。

更に、悪い事にハードウェアの診断ではシステムボードもディスプレイも異常はないらしい。

用意したディスプレイ波打ちが分かりやすい画像をみせる

もう、ここまで来たらただのキモい人で良いから可愛いMacBook Airさんのディスプレイのノイズを修理で完治させてもらいたいという執念が出てきた。

こ、これを見てくださいと、用意していた画像を設定してみせる。

するとどうでしょう。

目視にてディスプレイの波打ちを確認。修理対象になります

なんと、お姉さんがiPadで修理依頼を書いてくれました。実際に症状が分かるように事前に準備していくのはかなり効果がありそうでした。

もし同じ、MacBook Airのディスプレイの写りがおかしいトラブルになったら参考にしてください。

今犬といちゃつきながらMacBook Airでコタツで作業をする至福のときよ、、、早く戻ってきて!