読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱サラ起業を目指すkenocoの挑戦

グルメ、雑学、口コミ、レビューを行なうライフハックブログ

MacBook Pro Mac miniの中古を買う時に気を付けると良い事 2017年度

IT パソコン mac

初心者が最初のMacBookやMac miniを中古で買う時に気を付けたいことをまとめました。 中古で購入する際に、MacBook ProやMac miniはいくつかのポイントを押さえる事でが出来ればお勧めできる選択といえます。

MacBook Pro、Macminiを中古でする際気を付けること

わたしが中古でMac miniとMacBook Pro13インチの購入に悩んだ時に検証した時にスペックだけではなく使用可能な年数がモデルによって大幅に違う事に気づきました。

プログラマ兼SEとして働いていたので、各Macの性能を全て調査し、スペックがどう差別化されているかを調べていきました。

部品の性能がわかるからこそ、どの程度のものを用意すれば良いのか?コストパフォーマンスがいいMacはMac miniなのか?あるいはiMacなのかMacBook Proなのか?と色々と悩みました。

Macのモデルを選ぶ上でスペックも大事ですが、モデルごとで製品の寿命がかなり違うという事に気が付きました。

Macはモデルを選んで、CPUなどをカスタマイズ出来ますが今回のOSのバージョンアップは何年製のMacまでですといった具合にスペックを無視してモデルでサポートを打ち切られてしまいます。

iPhoneを使っている方はご存知かもしれないですが、Appleは基本的にOSのアップデートを推奨しているからです。 windowsはアップデートをかけたからと言って急にOSのバージョンがコロっと変わったりはしないですよね? しかし、MacはOSのアップデートがある度にOS自体のアップデートを促してきます。

これは、WindowsでいうならWindows7から10にしませんか?と常に促してくるイメージなのです。

Macを中古で買うにあたって、気をつけないといけないのはアップデートが出来る期間が製品によって年数がかなり違うということです。 スペックとモデルごとの使用可能年数を調べることが中古Macを購入する時に一番重要な事なのです。

Macを中古購入をお勧めする理由

Macをお勧めできる理由の一つに情報の多さがあります。通常のWindowsのノートパソコンで何かトラブルなどが起きた場合、まずは『メーカー名 型番 トラブルの症状』で検索しますよね?しかしマックの場合Macの場合、一つの機種を使っているユーザーがWindowsと違いとても多いので大概のトラブルは『Mac mini トラブル症状』で検索すれば、解決します。 Windowsの場合はSurfaceなどの機種を使っている人は良いかもしれませんが、マウスコンピューターや東芝とかパナソニックのマイナーな機種を使っているとその機種特有の不具合だと解決せずに騙し騙し使い続けるなんてこともあります。

そして、最も魅力的なのが他人から中古で購入したMacでも保証が継続されるというところです。

中古で購入したMacは何年使えるの?

Macは一体いつまで使えるのでしょうか?

使えるという定義は色々あると思いますが、私はその機種で使用できる一番新しいOSがサポート終了を迎えたら使えなくなるといっても良いと考えています。

具体的には何年ぐらい使えるのでしょうか?2016年の9月にmacos sierraがリリースされました。このSierraは以下のような対応になっています。

□MacBook(Late 2009以降)

□MacBook Pro(Mid 2010以降)

□MacBook Air(Late 2010以降)

□Mac mini(Mid 2010以降)

□iMac(Late 2009以降)

例えば、一つ前のOSのEl Captianは2015年9月にリリースされました。どの機種が対応できるかというと。

□MacBook(Late 2008アルミニウム製、またはEarly 2009以降)

□MacBook Pro(Mid/Late 2007以降)

□MacBook Air(Late 2008以降)

□Mac mini(Early 2009以降)

□iMac(Mid 2007以降)

□Mac Pro(Early 2008以降)

こんな感じです。

つまり、あなたがもっているMacBook Proの2007年だった場合、El Captianが最終のOSということになります。

問題なのはEl Captianがいつ使えるかという事になります。

MACのOSは大体2年から3年でサポートが切れると言われています。つまり、2007年に販売されたMacBook Proは長くて2018年の9月頃にサポート終了になるということです。ソフトウェアからした物理的な寿命は11年くらいといえるかもしれませんね。

つまり、中古のMacを購入する時に7年くらい前の製品を買うと下手したら3年でOSのサポートが切れてしまう可能性があるということです。

この試算でいくとMac miniを当てはめると2009年のMac miniを持っている方は2018年頃までしか使えないと言う事は、9年が製品の寿命ということになります。

しかし、同じパソコンを10年使いますか?私は使いません。私はパソコンのヘビーユーザーなのでおおよそですが、早くて3年遅くても5年のスパンでパソコンを買い換えています。

なので、私は2015年にMac miniの2012のLateを中古で購入する時にこう考えました。

●Macは初心者、Windowsみたいに使いこなせるかわからないからできるだけ安く購入したい

●Mac miniならWindowsで使っていたモニターを使えるからディスプレイ切替器を使えばスペースも節約できて安い

●9年くらいOSがサポートされているのなら2021年まで使える計算だし5年以上使えば買い換えるから全然良いな

そんな考えから私はMac miniを中古で購入しました。

MACのOSサポートが切れたらそんなに危険?

もし。そのMacをインターネットに繋がずに音楽再生マシンとして使う。 と、言うなら特に危険でないかもしれません。

世の中には脆弱性とよばれる不具合が沢山存在します。脆弱性はそこをつかれると個人情報を流出させてしまったり、パソコンを使って悪いことをしようとしている人の踏み台にされてしまう事が考えられます。 なので、OSサポート期限が切れたMacを購入することや、サポートがすぐに切れる可能性があるモデルを購入を考えている人は避けることが懸命だといえます。

Mac miniを購入する時のポイント

実はMac miniは2012Late以降はメモリーを増設できなくなってしまっています。私がMac miniの2012年製を買った理由にメモリを増設できるからという理由があります。 f:id:knocosan:20170107004755p:plain

画像を見てください。メモリの使用量が5Gbを超えています。これは別にブラウザを立ち上げてブログを書いているだけですでに5Gb以上消費してしまっているのです。 これが示すことは・・・。4GBのメモリのモデルではメモリが足りなくなり動作が遅くなってしまうからです。

Mac miniはSSDを搭載していないモデルもあるのでメモリが足りていなくなると極端に遅くなってしまいます。 何故なら、メモリが足りなくなるとmacはHDDやSSDに仮のメモリエリアを作るからです。

SSDのモデルなら読み込みも書き込みも早いので何とか4GBのメモリでも使えるかもしれませんが、HDDのモデルだと虹マーク(windowsでいう砂時計)が頻発することが予想されます。

●メモリは8GB以上

●SSDのモデルを!

これ、非常に大事です。ここだけ押さえていれば、Mac miniは問題ないでしょう。おすすめはメモリを増設できる最終の2012モデルがコスパ最強です!私はSSDに交換してメモリを16GBにして使っています!あと5年これで戦えます!

MacBook Pro、AIRを購入するときのポイント

MacBook ProやAIRを購入する際にも大乗なポイントは先程と同じですが、もう一つ気をつけなければいけないことがあります。それはバッテリーの充電回数です。

blog.kenoco.net

別の記事でバッテリーを長持ちさせる秘訣を語っていますが、充電回数が1000回を超えるとかなりヘタってくるのでできれば200回以内、多くても500回以下のものを選ぶと良いです。また、充電回数が少なくても温かいところにずっとおいたまま何年も放置されると回数に関係なく劣化してしまいます。

●メモリは8GB以上

●SSDのモデル128GB以上

●バッテリ充電回数は200回程度

これがポイントになります。また、MacBookPROのretinaはコーティングが剥がれてくるという不具合があるので、ディスプレイに以上がないかメルカリやフリマサイトで購入できる場合は質問して必ず聞いてください。販売から3年以内だと保証が切れていても無償で交換対象になります。なので、三年以内販売のもので画面の状態が悪くコーティングがはがれているものだと安く手に入れるチャンスです。ここは必ず抑えておいてくださいね。