読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会人大学院生kenocoの挑戦

グルメ、雑学、口コミ、レビューを行なうライフハックブログ

結婚式3日前に動画作成を頼まれた私が古めのMacBook Air@iMoveで何とかした話

結婚式3日前にMacBook AirのiMOVEでウェディングムービーを作成することに

お互いに親友と認め合い、中学時代からの大の仲良しな友達の結婚式3日前にスピーチ期待してるからねー。という連絡を貰った。

あーぁー昔から飲み屋で言ってるアレか。

「kenoco!俺の結婚式ではお前に絶対スピーチしてもらうからな」

リア充で相当スピーチ慣れしていて、スピーチを普通の会話の様に出来る友人からしたら3日前くらいに確認すれば良いやって思っていたんでしょう。

こっちからしたら。

「まじかよ!!!もっと早く確認すれや!ぼけかすなす」と心で思いつつ。

「あぁーそうだったな頑張るわー」と答えた。

心の中では「やばい!間に合わない!時間ぜんぜん無いじゃん!」と焦っていました。

※ちなみに新婦側は前日にお願いしたそうです。アメリカ人の感覚っていったい・・・。

友達の奥さんはモデルでクオーター。友達は日本人ですが海外の大学を出て、外資系で働いているから外人ばっかりが出席して皆、スペックが高くて英語が分かるという鬼のような結婚式でした。

一方私は、Fラン大学出身の英語は偏差値45くらいの普通のどこでもいるバカ。

でも、バカでも親友の為なら無い知恵を振り絞って、しっかりと準備したようなムービーを作ってやろう!と決意したのでした。

※余興なしのラフな結婚式だったので、余興が紹介ムービーで被ることは無いと分かっていました(╹◡╹)

3日以内にiMoveで動画を作って伝えるしかいお!!

写真をデジカメからあつめてそれを、加工する事は時間的に難しいと私は判断しました。

なぜなら友達歴が長い為、古いデジカメの写真だと解像度がまちまちで加工するのに時間がかかると判断しました。 私はiPhoneをフル活用して3日でイケてる結婚式のムービーを作る計画をたてるのでした。

使ったMacは結構古いMac

2012年製のMacBook Air13インチを使用して作ることにしました。

・メモリ4GB

・SSD 128GB

まぁ普通に一番安い市販モデルです。動画をバリバリ編集するのはちょっと厳しいけど、少しなら大丈夫かな?と言った感じ。

よりによって、この時2014lateのマイMacBook Air11インチちゃんは家族に誘拐されていました。

尚、Windowsのムービーメーカーでも同じことが出来るのでムービーメーカーをお持ちの方も参考にしてくださいね。

今回の作業で必要なのは凝った動画の演出でなく、おしゃれな画像とメッセージで落とす事が目標だからです。

今回は、全員が楽しめるようにこんな感じの構成にしました。

動画は3分30秒ではじめに5秒強くらい黒い画面を入れましょう。心の準備ができます。

・1分、友達の小学生、中学、高校の頃の写真をいい写真笑える写真を1:1で。

・お嫁さんも交えた写真の紹介 1分

・社会人になってからの写真(出来れば仕事帰りとかその場にいる人が成るべく多くっ共感できるよう) 1分

・友達へのメッセージ 最後30秒 (両親と連絡が取れるならラインで動画を送ってもらうのが吉)

結婚式場プロジェクターは解像度を気にするな!

はっきりいいます。未だにプロジェクターの解像度はそこまで綺麗に写りません。デジカメでいう画素数は100万画素もあれば十分です。だから、それっぽいおしゃれな雰囲気を醸し出す写真を沢山用意しろ!!

考えてみて下さい。たとえプロジェクターがFHDで対応していたとしても相当な大きさで引き伸ばされますよね??MacBookの高解像度なディスプレイでみると少し味気ない画像も薄暗い結婚式場での再生ではさほど気になりません。

おしゃれっぽい雰囲気を醸し出しましょう!

結婚式のムービーが間に合わない時は写真を写真で撮れ!

私は、コルクボードや木材に古い写真を貼って直接iPhoneで撮影することにしました。

これが実際に使用した写真です。こんな感じでその時々の時代の友達の写真とかをドンドンコルクボードに貼って撮影していきました。

コルクボードを使うことで温かみがでます。もし可能なら白いテーブルの上にコルクをおいて撮影してみて下さい。少しだけ綺麗にとれます。

おしゃれな付箋やマスキングテープを直接写真に貼れ!

こちらは画像に残っていないのですが、おしゃれな付箋にメッセージをかいて写真に貼ったりしました。 フォントを選ぶ手間も省けます。そして、ポイントはこれでもか!!と太く、大きく書くことじゃないとプロジェクターに移した時に見えないです。文字を入れる場合はテレビで言う字幕より最低1.5倍くらい大きくする意識をして下さい。 さもなくば、後ろにいる人は見えないですよ。映画館と違って解像度が低いプロジェクターですからね。

実際に使ったマスキングテープはこちら。

iPhoeアプリを駆使せよ!

これ、めっちゃ重要です。ラインカメラやインスタグラムやコマ分割アプリを使うことで簡単におしゃれな画像が作れてしまいます。

具体的にはラインカメラとかで切り抜き画像を作って、インスタグラムで加工したり・・・。

例えばハートにラインカメラのペイントから写真を切り抜いて。

PETAPICなどで加工していきます。

あら不思議。簡単におしゃれが醸し出せます。

3日でウェデイングムービーとはバレなかったよ。

締め切りギリギリで、作った動画の割にとても好評で手作り感が程よくでた仕上がりになりました。 しかし、最後に3日前に新郎に頼まれましたとバラしましたけどね。

その結果、新婦側のスピーチの人が私は当日です。と登場してくれたため、とてもあたたかい雰囲気でスピーチを終える事ができました。

ちょっとした工夫でムービーの仕上がりは工夫することが出来ます。 やばい、結婚式にウェルカムムービーやエンディングムービーが間に合わない!!って思った人は是非参考にしてみて下さい。

これもiMoveが直感的に簡単に操作出来るおかげかなと思いました。

コルクボードを色紙に変えてアレンジしたり、部屋の電気を消してキャンドルの火で写真をiPhoneで撮影するのも良いと思います。

また、少し時間があれば職場の写真を加えてあげると動画を楽しめる人が増えると思いますよ。

本気を出せば、必ず間に合います。私は徹夜することはありませんでした。ファイト!