読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会人大学院生kenocoの挑戦

グルメ、雑学、口コミ、レビューを行なうライフハックブログ

社会人大学院は職場に内緒にするか、相談するか

社会人大学院生は、仕事との両立がキーポイントになります。私は学部時代は真面目な学生ではありませんでした。

何かを吸収しようとして社会人をしながら、学生に戻ると、真面目に学ぶということのハードルの高さをしります。

職場に大学院に通う事を打ち明ける事はメリットもありますが同時にデメリットもあります。

ここでは社会人として大学院に通い始めて2年目の私の体験談をお話ししたいと思います。

職場に了解を得て大学院に通う人の方が多い

私の体感ですが了解を得て大学院似通う方々6割といった感じです。ただし、年齢が高めになる程、職場に了解を得ている人が多い印象です。

社会人大学院は職場の理解がないと通いづらいというのは間違えありません。もし30時間以上毎月の残業をこえてくる方は欠席や大幅な遅刻が増えていきます。その為、許してもらえそうな職場であれば早めに大学院に通うことを相談した方が良いですね。

期末中間期間のスケジュール調整

社会人大学院にとって、休めない節目というのがどうしても存在します。 残業時間が毎日、1時間ずつ計画を立てて行えるような残業であれば、さして問題はありません。

しかし、試験の時期が月末月初の中行われると私はたいへんな事になります。 レポート提出なら睡眠を削ってなんとかする事が出来ます。 しかし試験となると大学院に行くことが単位取得の必須条件となります。

大体、私の大学院は1コマ90分で社会人がよく履修する授業は隔週で17時30分から2コマ連続して行われます。社会人を考慮されている授業はだいたい19時から試験という事が多いですね。

定時が18時の人は大学の距離にもよりますが試験の日はほぼ定時で職場を出ないと間に合いません。おおよそ、レポートと試験の時期は重なりますので、移動中も電車でレポートを書くか試験勉強をする事になります。

私は内緒で大学院に通っています

1つの判断基準として、大学院に通った時に職場にその知識で貢献できるか?という所がポイントになると思います。

職場へのメリットを説明できれば応援されやすいですし、何より打ち明けやすいですよね。

私の場合は、経営情報を真剣に学び直したいと考えましたがあまり職場との関連性はありませんでした。

むしろ、まったく業務でいかせる可能性は低く、早く帰る事になる日が増える以上は職場にとってはデメリットしかありません。 また、上司は仕事優先で早く帰る事を快く思っていませんヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

結果として、私は隠して大学院に通う事になりました。

私の通学環境は?残業時間は?

私の残業時間は大体35時間程度です。それでも、講義に遅刻したり間に合わなかったり、突然の会議で試験が受けられずに単位を落としたこともありました。

しかし、恵まれているのが職場から大学院までの近さです。近いと言っても国公立のためにあまり立地条件はよくありません。その為、タクシーで25分、電車だと35分かかりますが、平均して周りは45分くらいかかるので少しはそこは有利に通えていますね。

本気で間に合いたいときはタクシー使うこともありました。ここは社会人としての強みですよね。

社会人大学院生活に満足しているか?

大満足はしていません。何故なら平日の午前中しか開講されず、履修できない単位もかなり多いからです。

ある程度、土曜日に割り振られるようになっていますが、私は学びたかったマーケティングの講義は講師の方の都合で平日しか行われないという事を入学後に知りました。

社会人大学院生として通う以上は仕方ない事かもしれませんが、シラバスなどは公開されている事が多いので、入学前にそこを必ずした方が良いです。

大学院通って後悔してる?

これはNO!!こんなにも志しが高い同士と出会える機会は社会人になってからは中々無いですよ。

女子大学院生と連絡先交換!!とかそんな事はありませんが 笑

色々不満や後悔を書きましたがそれでも、絶対的に通ってよかった大学院!!