読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会人大学院生kenocoの挑戦

グルメ、雑学、口コミ、レビューを行なうライフハックブログ

平成生まれにムツゴロウさんを説明したらお笑い芸人と思われた話

飲み会で太った職場の先輩のお腹を顔をクシャクシャにしながら「よーしよしよしよし。」と笑いをとる私。

そう、ムツゴロウ動物王国のムツゴロウさんのモノマネである。

失笑しながらも笑ってくれるアラサー世代の横で平成生まれはポカンとしているのだ。

何故だ、、、何故ウケぬ。その後にトイレでムツゴロウさんについて少しググって納得する。

ムツゴロウと愉快な仲間たちは平成生まれは知らない

『ムツゴロウとゆかいな仲間たち』(ムツゴロウとゆかいななかまたち)は、1980年から2001年3月18日までフジテレビ系列局で特別番組として放送されたフジテレビ製作のドキュメンタリー番組・教養番組である。

wikiより

そう。この記事を書いてる2017年の現在では16歳以下はまだ、リアルタイムでムツゴロウさんがテレビでよく露出していた頃は、この世に存在してすらいない。

とあるドイツの研究機関の発表では人間の記憶が残り始めるのは3歳から4歳というデータがあるらしい。

ということは16+4=20歳

なんと、成人したての子はムツゴロウさんを知らない可能性が高いのである。

衝撃だった。

隣の20歳の子にムツゴロウを説明してみる

概要をまとめて話した上でwikiを見てもらった。

◯北海道に犬とか沢山いる動物王国を作った

◯人間ドキュメンタリーとして放送された

◯従業員を雇って運営してた

◯孫と一緒の取材でアフリカらへんでライオンに指を食われた

◯犬は100匹以上、猫は40匹以上、なんと馬まで

2004年7月28日、東京サマーランド内の敷地に「東京ムツゴロウ動物王国」を開園。一部のスタッフと動物だけを北海道に残し、事実上「ムツゴロウ動物王国」は東京都に移転する。非公開であった北海道時代とは異なり、一般の人に動物との触れあうことのできる施設となった。しかし、集客が伸びず、サマーランドへの賃料や従業員の給与の支払いが滞納するなどし、運営会社である株式会社グローカル21は、2006年6月末にサマーランドから契約解除されて退去を求められ、同年7月15日に従業員を解雇し、2006年11月には破産した。その後、畑の経営するムツプロが暫定的に経営を引き継ぎ、東京ムツゴロウ動物王国の営業を継続した。しかし、2007年11月25日に、東京ムツゴロウ動物王国は正式に閉園した。

wikiより

20歳「お笑い芸人ですか?そして、その会社、ブラック企業ですね。」

わたい「おおう、、、まぁそおいう見方もあるわな。でも、凄いあったかいヒューマンドラマでさー。さっきのネタはそのドキュメンタリーの中でムツゴロウさんが、動物に対してさ、、、、」

あ、、、、メッチャつまらなさそうにしてる(:3」z)

概要だけ話すと異常に難しいムツゴロウ

一応、職場の先輩の意見として後輩は受け入れていてくれたようで後日、この本のことをLINEしてきた。

彼はさらにムツゴロウがわからなくなった模様。

嗚呼、そりゃそうだわな。俺もムツゴロウさんが何だったかが分からないよ。でも、ムツゴロウさんが麻雀のプロってことや東大卒ってことはうっすら覚えてる。

麻雀を指摘されるまで忘れてたよ。

ムツゴロウさんには夢があったが・・・今は

当時は動物奇想天外やムツゴロウの動物王国などの動物系の番組が視聴率がとれていたのだろう。その頃は、毎年ムツゴロウのどうぶつ王国が放送され、再放送も定期的に行われていた。 放送当時は両親とマンション暮らしをしていた。動物を飼いたいという気持ちが強かったが、両親に反対されていた私は飼育係をすることで、動物への愛を消化していた。

彼がテレビに出ると言われれば録画をしていた。 完全にムツゴロウ信者である。

最近では、たまにテレビに出たと思えば、ちょっと変わった動物好きのちょっと変わったオジサンの立ち位置で出てくる。あんなに大好きだったムツゴロウさんの魅力を後輩に伝えられない敗北感とともに、彼への思いをそっと封印した2017年31歳の冬だった。

もう私は若い子の前でムツゴロウのモノマネはしないだろう。決してね。