読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱サラ起業を目指すkenocoの挑戦

グルメ、雑学、口コミ、レビューを行なうライフハックブログ

糖質制限中のどうしても炭水化物が食べたい時のおすすめの主食

ダイエット

糖質制限中はお米やパンやパスタは食べられません。でも、ちょっとしたきっかけで、米食いたい。パン食いたい。パスタ食いたい。

炭水化物の事しか考えられなくなります

これは私が63kgから51.8kgまで体重を落とした時に食べていた炭水化物の代用食と最終手段で食べていた炭水化物を紹介します。

とある日の、糖質制限メニューです。基本的にはお米やパンは抜きます。

糖質制限中の炭水化物が食べたい

糖質制限中はお米やパンは食べられないですよね。かといって、炭水化物の摂取を抑えるとお肉と野菜ばかりになってしまいます。そうすると食費がかなり跳ね上がってしまいます。

ここでは、比較的やすくて続けられる主食を紹介したいと思います。

低糖質ソーダブレッド

おからパウダーは100gあたり炭水化物が6gです。 牛乳を糖質オフの豆乳にすれば、一食あたり5g以下の低糖質パンが10個くらい作れる分量です。 おからパウダーはおみずで戻すと4倍の生おからになるので、分量は少なめですがとってもお腹が膨れるパンになります。

私は毎日、どこかで一食この低糖質パンを食べていました。

冷凍すると2ヶ月ちかく日持ちをするので、記載してる分量の3倍のものを作って小分けして冷凍しています。

おからパウダー60g サイリウム15g 卵3個 重曹5g 小麦ファイバー5g 牛乳100cc 水80cc (ファイバーを入れない場合は水50cc) スプレンダー5g(砂糖25g相当) 塩3g ケシの実 重曹5g (おからパンはクエン酸 3g)

倍量で作るとなぜだか美味しくない。 水分量とかオーブンの問題だと思います。

作り方 1.オーブンを余熱250度にセット 2.オーブンシートを型にセットして置く 3.粉類をタッパーかビニール袋にいれて振る 4.ボールに卵を割って、ほぐし、水と牛乳をいれ 泡立て器で混ぜる 5.ふるった粉類をいれてダマが消えるまで泡立て器でかき回す。 6.シートを敷いた型にぼてっと落とすように入れて、表面をヘラでならす 7.ケシの実をお好みで振りかける 8.250度に温めたオーブンで20分 途中で好みの焼き色のところでアルミホイルを掛けて、コゲを防止する。 竹串をさして暖かければOK 9.クーラーの置いて冷ます 10.冷めたらキッチンペーパーでくるんで保管。

出典:亜麻仁の生活

私はこのおからパウダーで作るソーダブレッドのおかげで炭水化物、糖質制限が苦しくなく続けられました。のちに、そこまで体重を落とす事が必要なくなったので、おからパウダーの半量をふすま粉に変えた物にアレンジして作っていますが、素朴な味で本当に美味しいです。

ふすま粉を加える事で、香ばしさと素朴さが出ます。

パンを作るときは発酵でよく失敗しますが、ソーダブレッドは重曹とクエン酸を混ぜる事で炭酸のようにシュワシュワと泡が出ます。泡で膨らむ為、失敗しにくいパンと言えます。

サイリウムはつなぎの役目なので、片栗粉か小麦グルテンで代用できます。小麦グルテンのほうがより低糖質なので、小麦グルテンをお勧めします。

キャベツの千切りの納豆和え

こちらはコンビニでよく売っているキャベツの千切りに納豆をあえるだけ。これは、かなりお腹が膨れます。ちょっと写真を載せようと思いましたが、ビジュアルが悪かった為辞めました。

冷凍豆腐の卵煎り

冷凍して解凍すると豆腐はスポンジのようになり、手で押さえると水分がかなり抜けます。

水分を抜いた豆腐を手でつぶして、卵でいればちょっとだけお米っぽい豆腐の卵煎りの完成です。

ほとんど炭水化物が含まれていないので、たまー刻んだハムと豆腐卵煎りを炒めて、にカレー粉をまぶしてマヨネーズで和えるというとても高カロリーな食品にアレンジしていました。

低糖質なレトルトカレーをかけても美味しいですよ。

一食あたり20g以下は低糖質なカレーなら保てます。

完全に耐えられなくなって、炭水化物を摂取する場合

糖質制限中にお米や麺類を食べたくなった場合、私はお米なら雑穀米を具を多めに入れたおにぎりが冷えたものを食べていました。

冷えたおにぎりは、レジスタントスターチという消化されにくいでんぷんに変異します。

また雑穀米は食物繊維が多く含まれていて、血糖値をあげにくいです。

ですが、気を抜くと完全にお米を食べることが習慣として戻ってしまいます。

以下の5つのポイントを守って食べていました。

◯10日に一度だけ

◯米を食べる前に野菜を食べる

◯雑穀米か玄米を大盛り1杯まで

◯冷えたお米を食べる

◯夜は食べない

ルールさえ守れば、結構大きな、おにぎりを食べても良しとしていました。 おにぎりなら冷えていても美味しいのでオススメです。

具は卵焼きやスパム、おかか等のタンパク質が多い物がオススメです。

もし、外食などで守れない場合はこの中から3つは守るようにしていました。

◯10日に一度だけ

◯米を食べる前に野菜を食べる

◯雑穀米か玄米を大盛り1杯まで

とか

◯10日に一度だけ

◯米を食べる前に野菜を食べる

◯夜は食べない

とかですね。

しかし、10日に一度だけはマストです。

また、3つしか守れなかった翌日はややキツめの糖質制限を心がけていました。

糖質制限中でも10日に一度ならリバウンドする事は絶対にありませんでした。

もし、糖質制限が失敗するのであれば、貴方の意思が甘いか、炭水化物と糖質が含まれている食品を正しく理解できていないかのどちらかです。

大体、ダイエットをしなければならなくなる人は自分に甘い人が多いですけどね( ´∀`)