読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱サラ起業を目指すkenocoの挑戦

グルメ、雑学、口コミ、レビューを行なうライフハックブログ

更新が停止する末期癌の闘病ブログのGoogleの評価を考える

雑記 末期癌

以前紹介した親友のブログが最後の記事をアップロードを行った。詳細は、親友ぐーさんのブログを読んで欲しい。

検索サイトから「癌 治療 ブログ」とか「末期癌 その後 ブログ」とかネガティブワードで僕のブログにアクセスしてきている貴方。 もし貴方が、癌を患っている本人で癌によりこの世を去ろうとしているなら、辛い現実を突きつけることになるかもしれない。何故なら、この先のリンクに貼られている、親友ぐーの母親は既に亡くなっているからです。

でも、少しでも興味を持った人は見て欲しい。彼の母親は余命一ヶ月のところから治療をはじめ、7ヶ月間末期の膵臓癌に立ち向かいました。ぐー母の息子に支えられた癌の治療の足跡を読んで欲しい。

彼のブログを通じて私は一つ主張したいことがある。Googleさんよ。闘病ブログの評価を高めてみませんか?という提案です。

ameblo.jp

ブログを見て欲しい。でも、あなたの悩みは何も解決しないかもしれない。求めている答えじゃないかもしれない。でも、見てほしいのだ。もし、見てみてブログって良いなって思ったら闘病ブログをSNSにシェアしてあげてほしい。

闘病の末、癌で母親を失った後に息子に残されたもの

一つ前の記事を紹介しておきます。 blog.kenoco.net

何故僕が彼を応援するかが書いてあります。

彼のブログを紹介するにあたって、合わせて読んで欲しいというブログがあります。これは彼の日記にも出てきますがたまたま、ぐー母と同じ病棟に居ながらも、ぐーがずっと参考にしていたブロガーさんのブログです。病室の作りが一緒じゃんってことになって気付いてぐーが声をかけたようです。き

ameblo.jp

おはぎさんときなこさんのブログです。膵臓癌の患者にとっての希望の星です。ステージ3以降の膵臓癌患者様の生存率は6%を切ると言われています。末期癌と言われながら、既に膵臓癌と戦いって5年戦われてします。また、看護師をされているという事で医療知識の裏付けもとても凄い。膵臓癌患者の希望といえるブログなんですよね。

末期癌患者のブログは更新が止まることが多い問題

闘病の過程や治療の結果でブログの更新が止まってしまうことが、がん患者のブログでは多く見られます。またしばらく更新が無いなと思ってブログを再来してみると、亡くなったという記事が最後にあがっていることも残念ながら非常に多いです。

f:id:knocosan:20161126172117j:plain

これは末期癌の患者さんがブログを書く上で避けて通れない問題なのかもしれません。しかし、一番の問題はGoogle神の評価です。 更新頻度が下がったり、あるいは更新が止まると検索順位が下がってしまう傾向にあります。 順位が1ページ目から外れると読まれない可能性がかなり高くなります。

手動ペナルティするくらいなら手動高評価もしてよ!

実際に、おはぎさんのブログは体調不良や一部の心無いコメントによって一時期ほど更新はされていないのが現状です。ブログランキングに参加されているのでどの程度Google経由でサイトに訪問するか、何となくですが予測が付きます。

ブログランキングにINとかOUTという考え方があるからですね。 検索から読まれればOUTが増える事が予想されますからね。

更新が止まってから、確実にGoogleの評価は下がっています。

マジふざけんじゃねぇ

癌でも介護保険を使える方法とか非常によく纏められていて、おはぎさんのブログでしか読めないコンテンツが非常に多いんですよね。でも更新がとまったらGoogleの評価は下がっちゃうんですよね。

良く、低品質な記事をGoogleは手動で検索順位を飛ばしてTwitterの谷とかのコミュニテイでは「鬼がきた」なんて表現されています。

Google神にいいたいんです。

低品質に手動でペナルティ食らわすなら。

もっと、必要とされて更新が止まっている良記事を手動で評価してくれと。

親友ぐーを応援する理由

ぐーは、非常に末期癌の良いブログの順位や検索流動が下がっていく現状の検索システムを残念がっていました。 彼が良記事を更新していこうと決意した理由には、更新を止めずに良記事を更新し続けることで癌患者様の役に立ちたいという純粋な気持ちからブログをスタートさせています。

こういった純粋な気持ちで書かれているブログは手動で評価してもいいんじゃないでしょうか?Googleさん!!!

と、零細ブログが主張する記事でした。

はたらいく