社会人大学院生kenocoの挑戦

グルメ、雑学、口コミ、レビューを行なうライフハックブログ

包丁の先端が折れた。修理してみた。DIY

妻の嫁入り道具の包丁が折れていた。てっきり冷凍食品などの硬いものを切ろうとして折れたのかと思っていたけど、流しに刃先が落ちていたので、洗い物の時にお皿の下敷きやって自然に折れた模様。

折れた包丁を持っているなら、30分くらい包丁を研ぐ根性があれば、先が折れた包丁は復活します!

ダメ元で是非、包丁研ぎデビューをしてほしい。

砥石はダイソーやセリエで購入可能だ。

尚、私は粗さが#120の粗さのもので修理に挑戦しました。

素人が折れた刃先に刃をつける修理方法

結構な勢いで折れてしまった。 嫁が18歳の時に買った包丁なので、既に10年以上使われている。

管理栄養士である嫁が大学の入学の時に購入した思い出のペティナイフであり、結婚してからこの子を使い始めた私も既に三年の付き合いだ

今回のように刃先が折れてしまった包丁を修理するには刃がついている逆側を削る必要がある。

根気よく作業すれば、普通の包丁も研ぎ師にださなくても自分ではをつけることは可能だ。

包丁を研ぐ時のコツ

よく硬貨を包丁に挟むくらいの角度をつけると良いと言う。しかし、私みたいな素人がやるとなかなか一定の角度をつけることが出来ない。

砥石自身が斜めになるようにふきんを下敷きにすることをオススメする。

また、同時に砥石が滑ることをふせぐ。

次に直接水道から水を垂らしながら研ぐことをオススメしたい。

この二点を守れば素人でも思いの外、良い感じに刃をつけることができる。

包丁の背を研ごう

砥石に角を当てるつもりで、角度をつけて砥石の先端に角をあてる。

そのまま砥石の終端まで引きながら、丸みを与えるつもりで5分ほど研いでみよう。

砥石の終端まで来た時は、90度近くに包丁の角度が変わるように手前に引く。

感覚としては、爪を研いだ後に角を落とし丸みを付けたい時の感覚と同じだ。

5分研ぐとこうなる

だんだんと角が取れてきているのがお分かりいただけるだろうか。

刃と背の向きの砥石はあまり神経質になる必要はないので、シャッシャシャッシャと軽快に研いで行って欲しい。

私の場合だと12分くらい砥いでいた。

www.youtube.com

結構なスピードで砥いてしまって問題はない。

刃側は一旦、刃を落とす。

同様に、刃がある方もガンガン研いでいく。 この時、刃を一旦落とすが後から刃を付けられるので安心して欲しい。

この時、先程よりもやや浅い角度で砥いて下さい。こちらは刃をつける為、角度をつけておく必要があるからです。

www.youtube.com

動画の最後の方でやっていますが、引っ掛かりを感じる場合はやや意識して削り落として下さい。

こちら側はやや慎重に、角度見ながら確認しながら砥いて下さい

20分くらい削るとこうなるよ。

あら不思議。写真を撮り忘れてしまったために、完成形になっていますが20分研ぐと結構綺麗になります。 ここからは、砥石の説明書き通りに刃をつけてあげれば、折れた包丁の修理は完了です。

もちろん、プロにまかせても良いのですが、素人仕事でも実用範囲内には持っていけますし、何より古い道具を大切にすると愛着がわきます。

ビフォー

アフター

私は妻と喧嘩する度に包丁を砥いでいます 笑