読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会人大学院生kenocoの挑戦

グルメ、雑学、口コミ、レビューを行なうライフハックブログ

免許更新時の認知機能検査で何をやるのか?質問と問題の内容対策を解説

免許更新時に75歳以上の人は認知症の疑いを調べる為に認知機能検査が必須となりました。認知機能検査とはどのような内容の物が行われるのでしょうか? 実施されている認知症検査は警察庁に公開されています。「URL」

f:id:knocosan:20170312230644p:plain

免許更新時の認知機能検査って?

免許更新時に行われている認知機能検査は約30分かけて行われる認知症の検査でよく使われる「長谷川式」に似たものを行います。厚生労働省の資料によると、85歳以上では4人に1人は認知症だと言われています。 検査を行う対象の75〜79歳の人でも、15人に1人は認知症ということになりますね。ということは、15人に1人は認知症と診断されて免許取り消しになる中々厳しい検査といえますね。

f:id:knocosan:20170312232457p:plain 引用:河口内科HP内資料より

認知機能検査の内容は?検査対策はできるの?

認知機能検査の内容は警察庁のHPに詳しく記載されています。なんとしても受かりたい人は事前に一読しておくと良いかもしれません。 PDFで記載されているということと、試験官用の資料と問題の資料がバラバラになっているためまとめてみます。

点数で以下のように分配されます。

◯記憶力・判断力が低くなっている者(第1分類)「総合点が49点未満」

◯記憶力・判断力が少し低くなっている者(第2分類)「総合点が49点以上76点未満」

◯記憶力・判断力に心配のない者(第3分類)「総合点が76点以上」

点数の採点は以下の様な計算式から算出します。

総合点=1.15×A+1.94×B+2.97×C

◯A 時間の見当識の点

◯B 手がかり再生の点

◯C 時計描画の点     

時間の見当識

一問目は、時間や日時を問う問題です。 こちらは満点で15点です。 f:id:knocosan:20170312233250p:plain

【検査の目的】現在の自己及び自己がおかれている状況を検査するもので、時間の見当識は受検者が自らがおかれている時を正しく認識しているかについての検査である。

手がかり再生

1枚につき1分程度時間を貰えて概ね5分間で以下のイラスト4枚を記憶します。 4パターンあるウチの1つをご紹介します。こちらは最大32点です。

f:id:knocosan:20170312234523p:plain

f:id:knocosan:20170312234535p:plain

f:id:knocosan:20170312234550p:plain

f:id:knocosan:20170312234603p:plain

指定数字を消す

こちらは、先程のイラストを覚えた後に行われますが採点の対象外です。 別の作業をさせてイラスト忘れさせる為の時間です。

f:id:knocosan:20170312233924p:plain

手がかり再生(本番)

f:id:knocosan:20170312234915p:plain

手がかり再生は2つの方法で行われます。

どちらも、ひらがなやカタカナで回答を行ってOKです。

1)思い出せるものをすべて書く

【検査目的】1回目は、手がかりなしで再生を実施し、記憶力を検査 する。

f:id:knocosan:20170312235252p:plain

2)ヒントをもとに全て書く

【検査目的】2回目は、手がかりをもとに再生を実施し、記憶力を検 査する。

f:id:knocosan:20170312235301p:plain

ヒントあり、なしが両方あっていたら、4点で片方なら2点という採点方法です。

時計の描画

【検査の目的】 空間把握能力(物の位置を把握する能力)について時計描画(指定する時間の記載を含む。)を検査する。

f:id:knocosan:20170312235524p:plain

最大で7点です。

これは中々、採点が細かいです。 不可なものをあげておきます。

コツとしては12時、3時、6時、9時を先に記入する事から始める事でしょうか

f:id:knocosan:20170313000346p:plain

f:id:knocosan:20170313000357p:plain

f:id:knocosan:20170313000406p:plain

f:id:knocosan:20170313000428p:plain

◯まとめ

年々、認知症の人は増えていきます。それに比例して今後は事故も増えていくことが予測されます。都会に住む高齢者ならまだしも、車がないと生活できないような高齢者の人々は今回の政策によって生活に困る人も出てきてしまうでしょう。

f:id:knocosan:20170313000509p:plain 引用:河口内科HP内資料より

認知の試験対策なんてしやがって!検査の意味がなくなるじゃないか!と怒られるかもしれません。

認知症になる可能性のある人、認知症の人に に読まれる記事を書きたかったので今回は、このような記事を書きました。ある程度の批判覚悟の上で書いています。シェアや拡散してくれると嬉しいです。

認知症は進行し始めると本当に早く進み、最終的には死亡する病気です。 認知症についてはいくつか記事を書いているので見て下さい。

今回は認知症で多くの人が見てくれる可能性がありそうだっため、こんな記事を書いていますが認知症に大切なものは発症する前に予防すること、なってしまったら投薬すること。が大切です。

愛する家族を守るために、認知症になることを防ぎましょう。