読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会人大学院生kenocoの挑戦

グルメ、雑学、口コミ、レビューを行なうライフハックブログ

ユーザ系IT子会社の内定に注意!事業統合は要注意。M&A後はリストラが待ち受ける

事業統合とM&Aでは大きく違う。雇用が保証されないのだ。 新卒で入社したユーザー系IT子会社(従業員500人程度)が数年前に地方に散らばっていた同じ親会社のユーザー系子会社、孫会社と事業統合によりそこそこの規模の全国転勤がある会社になった。

事業統合によって、再編されて大きな会社になっている、ユーザー子会社を就職先・転職先に検討されてる人も多いのではないでしょうか?

しかし、最近は、大手のユー子は危い

f:id:knocosan:20170212025310p:plain

全国転勤なんだ。家庭の都合で実家離れられないし。辞めまっす!

そんな、こんなで統合後一年くらいで退職した私でした。

大手ユーザー系子会社は待遇が良い

大手製造業のIT子会社なので休みがしっかりしてて死なない程度の残業で給料もまぁまぁ(20代後半で500万くらい) コンプライアンスも比較的守られているので、基本的にはホワイトっという感じです。

なので、早々に辞めたのは私だけでした。しかし、最近やたらとFacebookで退職のタイムランが流れる。

そして最近理由が分かりました。

NTTデータによるM&A(会社買収)

そして、2chのスレッドを見て知る。雇用が引き継がれる保証はないという驚愕の事実

f:id:knocosan:20170412180908p:plain 引用:NTTデータHPより

買収されとる!!

製造業のIT部門が独立したような会社例:

◯トヨタ自動車IT子会社=トヨタコミュニケーションシステムなど数社

◯アイシン精機=アイシン・コムクルーズなど数社

◯デンソー=デンソーITソリューションズ(DNITS)など数社

ちょっと、自分の会社はここに書くのは控えますが経営不振の液晶のS社などメーカーのユーザー子会社やP社のユー子会社などNTTデータはM&Aを勧めまくっています。

DELLのITサポート部門も買い取っているらしい

やばいユー子の見分け方

M&Aで吸収されてしまうユー子には流れがある事に気づきます。 会社HPの会社情報を見てみましょう。

■◯◯◯ソリューションと◯◯◯インフォメーションシステムが統合して弊社は◯◯◯情報システムとして誕生しました。

そんな記載がある所は要注意です。

①社格の違う会社を事業統合(オープン系のIT系子会社や組込系のIT孫会社を統合させる等)

②給料の昇給があやふやになる。

③統合を繰り返す。

④纏まった所をM&A(NTTデータが買収する)

この流れが、最近、IT系ユー子でとても多い。

親会社からすれば、自社の生産を理解した社員を技術力のあるNTTデータ任せてコストダウンになるから良い事づくしだね

事業統合されるとこうなる

◯規模が大きくなる

◯大体名前がかっこよくなる

◯給与格差がある会社で派閥が出来て不満がたまる

雇用は引き継がれる

平均的な給与を算出する事が多いから合併したら給与が上る人も!

M&Aされるとこうなる

◯リストラが認められている

◯雇用は任意

◯吸収した会社の社名が入る事が多い (ダサい名前からかっこいい名前になる可能性はある)

◯出世ポストが親会社から出向組に奪われる

メリットすくな 笑

怪しいユーザー子会社はこうだ

親会社のHPのニュースや新着情報を見てみよう。過去に子会社の売却を行っていたら要注意。 不動産部門を売却したり、設計部門を売却したりしていたら、次は情報システム部門と言う可能性が高い。

f:id:knocosan:20170212025310p:plain

子会社は親会社の命令には逆らえない。親会社の動向を見ておくと良い

感想とまとめ

新卒で採用されて約5年働いた会社が無くなるというのは何とも悲しいものでした。今でも前職の職場の人と飲みに行くのが楽しみで、仲間たちといたあの場所が無くなるなんて・・・かなりへこんだ状態で記事を書いています。

しかし、入社して事業統合が始まる前に徐々にIT孫会社や福利厚生を目的とした会社を旅行会社に売却するなどの動きはありました。常に親会社の動向を観察することである程度、予測できたと思います。

私はトヨタ系ではないのでトヨタ系のIT子会社を書いていますが、例えば自分がいた業界が自動車業界なのであれば、ホンダや日産の子会社の動向を注意してみると良いでしょう。

ユーザー系のIT子会社はコアな製造システムに関われる分、古い言語や特殊なインターフェースで開発することも多いです。運悪くニーズのない言語を担当すると転職にも困ってしまいます。

怪しい動向を掴んだら早めに、動き出すことが重要と言えそうです。転職エージェントは、各社の合併の状況も知っているので転職を頭に過ぎったら登録は面倒くさいですが、自分の市場価値を調べておくことをオススメします。

リクナビが一番無難でおすすめです。