社会人大学院生kenocoの挑戦

グルメ、雑学、口コミ、レビューを行なうライフハックブログ

低学歴の意識高い系の社会人へ「意識高い系がはまる沼、社会人大学院」

今週のお題「私の沼」 意識高い系の私がたどり着いた”沼”それは社会人大学院だった。

2年ほど前、学歴コンプレックスの私はとても深い深い沼にハマります。

f:id:knocosan:20170517220617p:plain 「意識高い系の夫が、大学院に通いだしたお」

低学歴の意識高い人へ、社会人大学院だけは、辞めておけ。意識高い系がハマる沼としては最悪だ

Fラン大学生が意識高い沼にハマるまで

昔から興味を持てることについては周りの人よりり異常に執着する人でした。その為、クラスにいる特定のジャンルに詳しい人として、重宝されます。その結果、勉強はできない癖に意識を高めていきます。

そのジャンルとはパソコンです。 パソコンの話になった時は、私は銃を持ったのび太と言っても過言ではないほど自信にありふれていたことでしょう。 f:id:knocosan:20170223235733j:plain

しかし、Fラン文系大学でしたが、上手く長所をPRすることで、就職も誰もが聞いたことがある大手のIT子会社へ入社します。残業すれば20代でも年収500万に届く良い会社でした。

この頃から、必死に自分より勉強してきた人よりも人たちよりも条件よく働けている為、さらに意識だけを高めていきいます。特に勉強はしなかった為、基本情報技術者も受かりませんでした。

その後、会社は大変な局面を迎えます。「大手企業名+情報システムズ」という会社名が無くなり「それなんて会社?」になる可能性が出てきたのです。

blog.kenoco.net

そうだ、大学院にいこう

会社名にネームバリューがとてもある会社でした。技術的には大したことはありませんが、関わってきたプロジェクトは誰もが聞いたことの有る製品でとても高度な技術を必要します。経営学を学び直そうと決めた私は、技術と経営を上手く結びつけ、研究計画を立てれば合格も可能と考え始めます。

※今となっては、高度な製品の中で、クソコードが動いていることさえ申し訳なく思います。

ネームバリューのあるうちに、大学院を受験。したたかに計画を進めていったのです。 この時ばかりは、流石に努力することが必要でしたが、同期が社会人大学院を経てより良い会社へ栄転していったので諦めずに頑張りました。3ヶ月くらいでしょうか。

兎に角、好きになってくれる人を探した

社会人大学院の受け入れを打ち出している大学なんて、そこまで数はありません。ここでも、PRが苦手でない私は自分の経歴に興味を持ってくれそうで、なるべく権威のある、偏差値の高い国公立の大学の教授を探し始めました。 国公立の大学院は英語は辞書が持ち込み可だったり、そもそも面接と研究計画だけで合否が判定されたりと学力重視の大学受験とはまったく違う所で評価されます。

地元の偏差値60以上の大学院に合格した

挫折の2年間

今まで、磨いてきたものが意識だけな私はとても苦労しています。特に大学院に内部から進学してきた学生は、偏差値60を超えています。TOIECで言えば700点は超えてて当たり前の人たちです。 通常、2年で卒業するところを3年で卒業する計画に変更を強いられます。

f:id:knocosan:20170323080740j:plain

途中、頑張りすぎて痔になり入院をするというファインプレーも巻き起こします。

◎普通に英語の資料を渡される

◎英文論文を読む授業が普通にある

◎夏休み、冬休み以外は休日がほとんど潰れる

f:id:knocosan:20170406013711p:plain 「私に、、、レポートの添削をしろ・・だと?」

本当に、家族を巻き込んでの大学院生活でした。

大学院にいってよかったこと

それでも、良かったなと思うことは凄い人と知り合えるということ。

ありがちだけど、本当コレ。そして、意識高い自分の恥ずかしさに気付けたこと。

f:id:knocosan:20170517220612p:plain 「もう一つが、コレよ。」

https://scholar.google.co.jp

意外に、こんなことも?っていうことが研究されているってことに気が付けた。一度、Googleスカラーを試してみてほしいよ。

f:id:knocosan:20170528123624p:plain

低学歴、意識高い系のひとへ

何となくで、踏み入れてはいけない領域。それが社会人大学院です。「意識高い系がはまる沼」です。確かに、ネームバリューのある大学院に通いながら社会人として働いているというと、賞賛されます。 しかし、とんでもない挫折がアタナを待ち受けていることでしょう。もちろん、私達のように学歴ロンダリングを目的とした人も少なからず居ますが。

blog.kenoco.net

卑下になっている人よりも意識だけでも高い私達のほうがマトモかも知れません。しかし、”研究”という聖域に意識だけが高い私達は行くべきではありません。教育とは、その人の人生を変えられる可能性がある物であり、モチベーションが高い教授は本当に情熱を持って私達の研究をサポートしてくれます。完全に基礎学力の低さが、教授への負担になっていると感じる今日この頃です。

周りへの影響などを考えると。2年の前の自分を説得して、基礎学力をつけてから入学しろ!と小一時間問い詰めたいよ。

f:id:knocosan:20170517220552p:plain 大学院の沼にハマる前に、基礎学力高い系になってから沼にハマってね!」